いつかは しかし現実はそうあまくなかった!

毎日新聞配達をしていた私 雨だろうが、雪だろうが新聞がある限り配達した 寒い日は指がかじかんだ しもやけあかぎれなど あたりまえだった 生きていくために 高校へ進学するために 必要だった。 高校受験 そして無事合格し入学 自宅から高校までは、バス通学です。 通学費 新聞配達でのアルバイトで得たお金を使いました。 流石に授業料等などは、…

続きを読む